menu 04 インプラント

歯の欠損を自然に補う。

インプラント治療とは、人体との親和性に優れた金属(チタン)を、歯が抜けてしまった部分に埋め込み、その上からセラミックなどでつくられた歯冠を取りつける治療です。
審美性に優れており、仕上がりが自然なことが大きな特徴で、食べ物をかんだ際も感触がしっかりと顎に伝わり、歯茎が痩せてしまう心配がありません。
さらに、治療後に定期的なメンテナンスを行えば、半永久的に使用が可能。「第二の永久歯」とも呼ばれています。
外科的治療が必要なため、恐怖心を抱かれる方も少なくありませんが、インプラント治療は50年以上の歴史がある治療で、50ヵ国以上の国々で約1000万人の方が受けている治療です。術後10年経過後の残存率も97%と成功率も高水準。まずは話を聞いてみたいという方も大歓迎です。お気軽にご相談ください。

FLOW 治療の流れ

  • 初診・治療計画

    インプラント治療に必要となる各種検査を行い、インプラント治療が行えるかどうかを診断いたします。
  • フィクスチャー埋入手術

    人工歯根のフィクスチャー(土台)を顎の骨に埋入する手術を行います。なお、局所麻酔を用いて行いますので、手術中の痛みはありません。ご安心ください。
  • 治癒期間

    骨とフィクスチャーがしっかり結合するまでの治癒期間を設けます(3~6ヵ月)。必要に応じて仮歯を入れる場合があります。治癒期間は骨の質など、さまざまな条件によって個人差がありますので、あらかじめご了承ください。
  • アバットメントの連結

    アバットメント(人工歯の支台)をフィクスチャーに連結します。治療状態によっては、この段階で手術が必要になることもあります。
  • 人工歯の装着

    インプラントを含めたお口の中全体の歯型をとり、その型に合う人工歯を作製します。人工歯が完成しましたら、アバットメントに装着。治療完了となります。
  • メンテナンス

    インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。半年に一度、インプラントの状態を見るための定期検診をおすすめしています。

注意事項

・個人差があるものの、ブリッジに比べると治療時間が長期間かかります。
・手術が必要なので、お体の状態によって治療が不可能なケースがあります。
・治療後も、家庭での適切なブラッシング、医院での定期メンテナンスが必要です。